お父さんとお風呂。
20170707_mini.png
この野郎(強調 
 
 
普段はお父さん大好きな次男だが
お風呂の時間になると超絶拒否する。 
 
以前は一緒に入ってたのに
いつの頃からか
お父さんとのお風呂を嫌がるようになり、
無理やりお父さんと入れたとしても、
その後私がひとりで入ってる間は
ずっとお風呂の扉の前で号泣する。 
 
原因は夫の洗い方が雑なのと
シャワーを顔面から容赦なく掛けられることらしい。 
 
今度から改めるといっても
次男にそれが分かるはずもなく、
とにかくお父さんを拒否しているので
必然的に私と一緒に入らざるを得なくなる。
 
 
たまにでいいから
ひとりでゆっくりお湯に浸かりたいな・・・。 
 


SUUMO
ブランド子供服のフリーマーケット【キャリーオン】
スポンサーサイト

テーマ:育児まんが - ジャンル:育児

【2017/07/07 14:44 】
漫画
どっちだ!?
20170627_mini.png
大人なので見えてないフリした。 
 
 
私のマネしてどんどん遊びを習得していく次男。 
しかし手の大きさが圧倒的に足りないため
この遊びにはとても不向き。

次男の手のひらに隠れるくらいのものなんて
危なくてリビングに置いてないよー。 
 
 
 
***************
 
前回までの記事でブチきれてた
夫の不適切な発言事件ですが
いつまでも怒っていられないので
休みの日に丸一日子供ふたりの
面倒を見させた挙句
買い物と夕食の支度・片付けまで
全部させて禊としました。 
 
まぁ普通に私がいつもやってる
普段通りのただの家事だけど
夫が代わりにやってくれてる間に
超久々にひとりの時間が持てたので
今回は機嫌を直すことにしました。 
 
私も情緒不安定なとこがあったので
そこまで怒らなくても~
そこまで怒りを引き摺らなくても~と
自分でも思っていたこともあり・・・ 
 
かといって夫の発言は許せない類の
ものであったのは間違いないんだけどね。 
 
****************


SUUMO
ブランド子供服のフリーマーケット【キャリーオン】

テーマ:育児まんが - ジャンル:育児

【2017/06/27 12:55 】
漫画
ブチ切れ案件。その4
20170616_mini.png
なんと まだ怒りが収まっていなかった・・・。
 
 
私の怒りを察した夫が
謝ってきてくれたんだけど、
自分でもびっくりするくらい
まだ怒っていたみたいで
喋っているうちに勝手に涙が出て
全然仲直りに至れなかった・・・。 
 
 
わかってるんだよ、
この場合夫がなに言ったって
私の怒りは収まらないし
正解はないんだよ。 
 
そんで

ここらで手打ちにするには
今回の夫の謝罪が良い切っ掛けに
なるってこともわかっている。 
 
だけどね

怒りが全く色褪せてないんだから
仕方がない。
 
 
 
もう次男のためというより
私の感情だけで怒っている感じ。 
こんなこと言われても困るよなって
自分でも思ってるんだけどね。 
私が夫の反応を勝手に期待して 
勝手に失望しただけの話なんだから。
  
 
あーあ、
普通にしないとなー。 
いいトシして泣いて怒るなんて
かっこわりー。 (=∀=;)
情緒不安定すぎだろ自分。



あっ、


・・・更年期、か・・・? 
 
 

 
 
※続いてしまったので記事タイトルを一部修正しました※


SUUMO
ブランド子供服のフリーマーケット【キャリーオン】

テーマ:育児まんが - ジャンル:育児

【2017/06/16 13:28 】
漫画
ブチ切れ案件。その3
20170614_mini.png
次男の笑顔に泣かされる。 
 
 
例の無神経発言の翌日は
一切口も聞かず無視をキメてたが
いつまでもこんな状態では
家庭が落ち着かないので
表面上は普段通りに装いつつ
心の中では夫に失望したままの状態に。 
 
 
そんな中、
夫のせいでケチがついてしまった
かえるの歌を次男がまた歌ってくれた。 
相変わらず歌詞は間違ってるけど
とても上手に歌えていた。 
 
オーバーなくらい褒めてあげたら
すっごく嬉しそうに

「おかーたんみたい?」 

って言った。 
 
 
お母さんみたいに歌えてる?
じょうずだった?
 
 
って意味だとすぐ分かった。

泣けた。 
 
 
 
私の真似をして 
一生懸命歌ってくれた次男を
ヘタだと言いやがった
夫の事は改めて最低だなと思った。 
 
 


SUUMO
ブランド子供服のフリーマーケット【キャリーオン】
続きを読む

テーマ:育児まんが - ジャンル:育児

【2017/06/15 08:00 】
漫画
ブチ切れ案件。その2
20170613_2_mini.png
夫の好感度1000ダウン↓ 
 
 
ここ1ヶ月ほど
お風呂タイムは童謡タイムとなっていて
毎日毎日次男に聴かせていた。 
 
少しずつフレーズを覚えてきて
やっと歌っぽく聞こえるくらいに
歌えるようになったところだった。 
 
喜んでくれるだろうと
夫の前でも歌わせてみたら
まさかの「ヘタ」連呼。 
 
幸い次男は「ヘタ」という言葉は
まだ知らなかったので
マイナスに受け止めることはなかったが、
もし意味を知っていたら 
歌うこと自体に自信が持てなくなっていただろう。 


良い夫、良いお父さんではあると思うんだけど
こういうところに意識のズレがあるというか、
たとえば夫自身が歌を教える方の立場だったら
それで次男が初めて歌ってくれたら
すごい嬉しいと思うんだけど、
どうしても育児に携わる時間が少ないせいか
そういう当事者意識というものが格段に少ない。 
 
私が怒ったことで急に茶化して
私が過剰に怒っている、
冗談が通じない狭量なヨメとして
演出しようとしたのも赦せぬ。 
 
 
これはホントに些細なことなんだけど
死ぬほどムカついたので記録しておく。 
 
 


SUUMO
ブランド子供服のフリーマーケット【キャリーオン】
続きを読む

テーマ:育児まんが - ジャンル:育児

【2017/06/14 08:00 】
漫画
| ホーム | 次ページ