次男出産レポ。その6
佳境の出産レポート第6弾。
20151010_mini.png
どうにも止まらない。 
 
 
促進剤の点滴終了後から
急に激しくなった陣痛により
お産がかなり進行した模様。
 
子宮口全開大が判明してから
すぐさま待機室を出て
病棟の奥にある分娩室へと移動。
陣痛で痛かろうが苦しかろうが
徒歩である。

分娩室には他の妊婦さんがいたんだけど
私の方が先に生まれるということで
急きょ部屋を入れ替わることとなったそうで。
おそらく陣痛の真っ最中であっただろうに申し訳ない。


【21時30分頃 分娩室へ】


大きなおなかを抱え、
どう乗ったか分からないけど
なんとか分娩台に自力で乗る。
看護師さんたちはお産の準備で
部屋の中と外を行ったり来たり。
先生を呼び出して
私のおなかにセンサー付けて
足にカバー巻いて
いろんな器具を出して~とやってるううちに
股からなにか出そうになってるのを
手で押さえたり と。 


ここまでお産が進行すると
自分でおなかに力を入れていきまなくても
身体が勝手に赤ちゃんを押し出そうと
自然といきんでしまうので、
その力を逃がすようにゆっくり息を吐く。

分娩室に入ってから
ここまでわずか3分。



もうすぐ出産です!
スポンサーサイト


SUUMO
ブランド子供服のフリーマーケット【キャリーオン】

テーマ:育児まんが - ジャンル:育児

【2015/10/10 15:10 】
出産レポート
| ホーム |