いざ産婦人科へ。2
受付を済ませて待つこと十数分。


予約してなかったのにも関わらず、思ったより早く診察室へ通され
そこで問診表にも書いた内容を女医さんから確認される。


・最終月経はいつだったか
・今までの生理は順調だったか
・つわりの症状はあるか
・アレルギーはあるか
・持病はないか
           …などなど。


そしていよいよ内診室へ…!


内診室は診察室の隣にあり、入って通路側の扉の鍵を閉める。
脱いだパンツとカバンを部屋の隅にあるカゴに入れ、
仕切りの奥の内診台へ。
内診台に座ると、おしりの下の台座がパカっと割れ、
自動的に両足を左右に大きく開かせる。
そして台の高さと向きが変わり、
仕切りカーテンの向こうに下半身だけを出す形で止まる。

このなんともマヌケな状態!

a-blog021.jpg


カーテンのあっち側から見ると
下半身しか見えない状態であります!!!orz

カーテンの向こうから看護士さんが
「スカートもっと上にあげてくれる?」と声をかけてきた。
え…これ以上あげたらマジで股間丸出しなんですけど。
仕方なくスカートをあげると、
丸出しの下半身を覆うようにそっとバスタオルを掛けられる。
ああ良かった、この状態での内診か…。


と安心したのも束の間。


先生がやってきて、バッとバスタオルを取った!!!
そして内診スタート。


まず先生が指を入れる。(問答無用)
その後でなにか器具を突っ込まれる。正直痛い。


先生「じゃあ横のモニターを見てくださいね」


恥ずかしさに耐えながらモニターを見ると、
黒い画面の中でなにか小さな白いものが写っていた。
先生が突っ込んだ器具は超音波撮影用の何かだったようだ。


先生「この部分が胎嚢といって赤ちゃんが入っている袋ですね」

すず「おおおー…(゜□゜;)」

先生「ここからここまでの長さが約1センチで…」


先生の解説を聞きながら、
私は初めて見る赤ちゃんに釘付けになっていた。
まだ豆粒みたいな大きさだけど、確かにお腹の中にいるんだ。


再度診察室に戻り、先生からお話を聞く。
その時に先ほどの超音波写真を1枚貰った。
なんとなくホワホワした気持ちで写真を眺めていたが、
聞かないといけないことがあったのを思い出した。


先生「現在妊娠第7週ですね、おめでとうございます」

すず「あ!あの…妊娠と分かる前に風邪薬飲んじゃったんですけど」

先生「どれくらい?」

すず「一昨日の夜と昨日の朝だから、2回だけ」

先生「市販の薬で1日分位でしたら問題ありません、大丈夫ですよ」


良かった…!
一応ネットで調べて「少しなら大丈夫」と書いてはあったけど
やっぱり病院で先生がそう言ってくれると安心する。


診察も終わり、会計を済ませる。
初診料4000円也。
うーん、やっぱり高い…。


帰り際、仕事中の夫に報告メールを送ると
速攻で返事がかえってきた。


やっぱり気になってたのねw


スポンサーサイト


SUUMO
ブランド子供服のフリーマーケット【キャリーオン】

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/04/23 15:15 】
病院・健診 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<妊娠報告。 | ホーム | いざ産婦人科へ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hajimeteakachan.blog122.fc2.com/tb.php/5-20468d11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |