駆け込み受診。
妊娠5ヶ月の半ば、前の妊婦健診から半月が過ぎたころの事。



毎朝測っている基礎体温が2~3日続けて低かったので
基礎体温計に『ドクターマーク』が表示された。


!!!!!(。_。;)


昨日体温が低かった時点でちょっと心配になって
体温計の説明書を見てたので、覚悟はしてたんだけど・・・
実際に表示されてるのを見ると本気でビビる。

a-blog036.jpg


何度見ても表示されてるし(当たり前)。

ダンナに言ったら
「心配なら病院に行っておいで」というので、
早速産婦人科に駆け込んだ。



受付で事情を説明し、待合室の椅子に腰掛けて待っていると
年配の看護士さんが話しかけてきた。


看護士さん「基礎体温が低かったって、どれくらい?」

すず 「この2~3日なんですけど…」

看護士さん「極端に低いの?」

すず 「いえ、ほんのちょっといつもより低いだけでした」

看護士さん「あなたもう母子手帳もらってるでしょ
        もう基礎体温なんて測らなくてもいいのよ?」


すず 「はい…でも心配で………(。_。;)」

看護士さん「血が出たとか、よっぽどのことでもなきゃ
        流産なんてしないんだから大丈夫よ!(=v= )」


すず 「はい…すみません(>△<、)」


a-blog037.jpg


話しているうちに申し訳ないやら悲しいやらで
不覚にも涙が出てしまった。


看護士さん「そんな泣かなくてもいいのよ~(=△=;)」

すず 「ご、ごめんなさい…赤ちゃんの無事を確かめるまでは
     安心することができなくて…(>□<。)」


看護士さん「うーん…じゃあ先生に診てもらうようにするから待っててね」


この看護士さんは予約なしで飛び込んできた私を
元気付けて帰そうと説得しにきたみたいなんだけど、
あまりに私が落ち込んでいるものだから診察の手配をしてくれた。


診察まで20分くらい待合室で待っていたんだけど、
その間も涙がぜんぜん止まらなくて
できるだけ目立たない席に移動して、顔を伏せて隠したり
泣きすぎて真っ赤になった目が治るまでトイレの個室を占領したりしていた。

その後先生に超音波で赤ちゃんの様子を見せてもらった。
おなかの中の赤ちゃんは普通に元気だった。




ちょうど「つわりは治まったけど胎動はまだ」で、
赤ちゃんが元気なのかどうか自分で知る術がなかった時期なので
余計に心配だったんだと思う。
でも病院にものすごく迷惑をかけてしまった…!(>_<;)
せめて電話で相談してから行けばよかったんだけど、
そんなことも思いつかないほど気が動転していたんだよね…。




思えばこれが

「赤ちゃんを守らねば!」

と強く思った最初の日でした///


スポンサーサイト


SUUMO
ブランド子供服のフリーマーケット【キャリーオン】

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/07/06 15:29 】
病院・健診 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<夫の入院。1 | ホーム | 安産祈願。1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://hajimeteakachan.blog122.fc2.com/tb.php/22-0772d2b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |